フローリングのキズ補修
建具のキズ補修
サッシのキズ補修
洗面台のキズ補修
浴槽のキズ補修
クロスのキズ補修
外壁のキズ補修
REQUEST SERVE

内装・外装建材の「キズ」が “傷つく前の美しさ”に蘇る。

短期間・スピード納品 低コスト・高品質補修・安心3年保証 山陰エリア(鳥取県・島根県)全域対応
リクエストサーブのリペアサービスがリフォーム未満の低コストで住宅建材の価値再生を実現します。
現場のニーズに応える!

リペア(補修)が選ばれる
3つの理由

01
短期間・スピード納品

短期間・スピード納品

家具の修理を家具屋さんに依頼した場合、家具を工場に持ち込んで修理するのが一般的です。
預けている間(大体1~2ヵ月程度)は家具が使えません。
当社のリペアは1時間~数日という短期間での納品が可能です。
鳥取、米子、松江の拠点から現場に伺います。

02
安心の低価格

安心の低価格

フローリングを傷つけてしまった場合、張り替えると最低10~20万円の費用が掛かってしまう場合がほとんどです。
リペアの場合は部材の交換を行う必要がありませんので、材料代が掛かりません。

03
違和感の無い仕上がり

違和感の無い仕上がり

築年数の経った家の室内ドアに穴を開けてしまった場合、通常は表面板の交換を行うのが一般的です。
他の場所とは柄や色合いが違ってくる可能性が高く違和感がでてしまいます。
リペアでは交換を行わないので、仕上がりの違和感が発生することがありません。
さらに安心の3年間保証付き(詳細)。
 

ご利用企業様

CLIENTS _________

山陰地方において年間4,000件以上の対応実績。
住宅商品の価値再生が求められる業界でご利用い
ただいています。

※敬称略、順不同

  • Yagiken
  • 株式会社 ミヨシ産業
  • ひらぎの
  • ak
  • yamata
  • マツワ
  • エステートセンター
  • HOUSEDO
  • 株式会社ホームズ
驚きの補修品質!

リペアの実例をご紹介

CATEGORY 01

フローリング・床ゆかの補修

施工時間:約2時間~

床の凹みや擦り傷、掃出し付近の日焼け、シミがついてしまったフローリングなどのリペア補修事例をご紹介します。...

フローリング・床ゆかの補修
フローリング・床ゆかの補修
CATEGORY 02

建具の補修

施工時間:約2時間

築年数が経ったことで汚れた建具の表面、ぶつけて出来た室内扉の傷や穴などのリペア補修事例をご紹介します。...

建具の補修
建具の補修
CATEGORY 03

カウンターの補修

施工時間:約2時間~

出窓の日焼けと結露による劣化、キッチンカウンターの劣化、人工大理石のカウンターに染みなどのリペア補修事例をご紹介します。...

カウンターの補修
カウンターの補修
CATEGORY 04

サッシの補修

施工時間:約2時間

台風などで網戸が飛ばされ変形した枠、重機が当たってしまいキズ、車をぶつけたことなどで出来たスリ傷などのリペア補修事例をご紹介します。...

サッシの補修
サッシの補修
CATEGORY 05

家具の補修

施工時間:約2時間~

お仏壇の配送中についてしまった傷、擦ってしまったソファーの傷、家具の脚折れなどのリペア補修事例をご紹介します。...

家具の補修
家具の補修
CATEGORY 06

洗面台の補修

施工時間:約1時間

洗面台の汚れや小キズ、洗面台ボール部分に入ってしまったクラックなどのリペア補修事例をご紹介します。

洗面台の補修
洗面台の補修
CATEGORY 07

浴槽の補修

浴槽に空いた穴、浴槽エプロン部分に入ったクラックの水漏れ・早期劣化・傷の広がり防止などのリペア補修事例をご紹介します。...

浴槽の補修
浴槽の補修
CATEGORY 08

外壁の補修

施工時間:約2時間

ビス穴、剥がれてしまった外壁、ぶつけてしまったキズ、パイプを取り除いた跡などのリペア補修事例をご紹介します。...

外壁の補修
外壁の補修
CATEGORY 09

クロスの補修

施工時間:約3時間

剥がれてしまったクロス、物があたり凹んでしまったキズ跡などのリペア補修事例をご紹介します。

クロスの補修
クロスの補修
各業界で活躍!

業界別リペアサービス
利用シーン

住宅商品の価値再生を必要とする様々な業界で活躍します。

建築業

施工現場のキズや穴の
低コスト・スピード補修

納期直前に発覚したキズに対して納期を守りながら質の高い補修で低コスト、短時間での補修を実現します。
また、工事中に出来てしまったミスや間違いの穴などの補修にも対応することができます。

不動産業

賃貸や売物件リフォームの
コスト圧縮

賃貸の退去後にでる修繕が必要な部分の対応で、
借主様の少しでも安くという希望とオーナー様の
キチンと元通りにして欲しいという両方の希望を
叶えます。
また、売物件が少しでも見栄えの良い状態で且つ
値引き額を抑えて売れる状態にしたいというニーズに応えます。

注目のトピックス!

住宅・建物の困った!
お助けコラム

2024.05.03
フローリングが劣化する原因とは?リペア料金が決まる要素とは?

フローリングは家庭内で頻繁に利用されるため、時間と共に劣化が生じることがあります。
特にリペアの際には、その原因やリペア料金の決まり方を知っておくことが、より良い選択をする上で役立ちます。
この記事では、フローリングが劣化する主な原因と、リペア料金の計算要素について解説します。

 

□フローリングが劣化する原因とは?

 

フローリングが劣化する原因にはさまざまなものがあります。
以下で代表的なものをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1:経年変化による劣化

 

フローリングの劣化の最も一般的な原因は経年変化です。
時間の経過と共に、フローリングの表面や接着剤が劣化し、剥がれや色褪せが発生することがあります。
特に直射日光が当たる場所では、紫外線の影響で劣化が進行しやすいです。

 

2:物理的ダメージ

 

フローリングは重い家具の移動やペットの爪、高いヒールなどによる圧力で傷がつくことがあります。
また、キャスター付きの椅子が繰り返し動くことによってもダメージが生じます。

 

3:水濡れによる損傷

 

水回りや高湿度の場所での使用は、フローリングにとってリスクが高いです。
水分がフローリングの隙間に入り込むと、膨張や剥がれの原因となり、場合によってはカビの発生にもつながります。

 

□リペア料金が決まる要素

 

1:リペアする面積

 

リペアの際に最も重要な要素の一つが対象となる面積です。
破損部分が小さい場合は局所的な修理で済みますが、広範囲に渡るダメージは全体の貼り替えが必要となる場合もあり、これがコストに大きく影響します。

 

2:破損の程度

 

深い傷や剥がれが大きい場合、単純な補修ではなく部分的な張り替えが必要になることもあります。
破損が激しいほど、修復に必要な時間とコストが増加します。

 

3:会社の選定と移動距離

 

リペア料金には会社の技術力や信頼性も大きく影響します。
また、会社の移動距離によっては出張費が加算されるため、料金が上乗せされることもあります。

鳥取県・島根県で何かお困りの方はぜひ当社までお気軽にご相談ください。
当社では人工による料金だけでなく作業時間による料金制にすることで、僅かなキズに対しても低価格にて対応しています。

 

□まとめ

 

フローリングの劣化原因とリペア料金の決まり方を理解することで、適切なメンテナンスとタイムリーな修理を行えるようになります。
ここで解説した情報を参考に、ご自宅をきれいな状態で長く保つための対策を講じていきましょう。

2024.04.03
壁紙からの臭いを根本から消し去る方法をご紹介します!
2024.04.03
介護が必要な家族も安心!バリアフリー風呂へのリフォームポイントをご紹介!
ABOUT

私たちについて

私たちについて
林 泰臣

ようこそ、リクエストサーブのホームページへ。
家具メーカー時代からのキズに対するクレームを無くしたいという想いから
独立し18年が経過しました。現在では家具だけでなく住宅需要にも対応することで山陰地方において年間4,000件以上の依頼を受注するまでになりました。
弊社は人工による料金だけでなく作業時間による料金制にすることで僅かな
キズに対しても低価格にて対応しています。
私たちは、日々住宅商品と向き合い頑張っておられる企業様を支援することで、より良い相互信頼の循環を生み、皆様の提供するサービスの価値向上に精一杯貢献していきたいと考えています。